コロッセオでのブラッドスポーツ/興味深い/記事/詳細/すべてについて

剣闘士は奴隷、捕虜、または犯罪者であり、時には一般市民でした。

これらの同志は、古くて発達していないが、最終的に剣闘士学校に行き、そこでマネージャーの指導の下で軍事訓練を受けた。剣闘士は、さまざまな武器の使い方を教えてくれたトレーナーや教師と毎日勉強しました。また、シェフ、医師、ゲッターが剣闘士のサービスに参加していました。

剣闘士は通常の奴隷よりもはるかに長生きしましたが、この利点は通常の投資にすぎませんでした。剣闘士の生活が良ければ良いほど、彼はより良く戦い、勝ち、それゆえより多くの利益をもたらしました。

いくつかの剣闘士は達成することができます 奴隷制からの解放 、しかしあった 少数 .

これらの戦闘機は、奴隷制からの解放のしるしである木製の剣であるルディスを受け取りました。多くの場合、彼らは彼ら自身の人々(剣闘士学校)で有給のトレーナーになりました。

Гладиаторские бои

剣闘士の戦いは通常、対戦相手の1人の死、またはグループの決闘の場合は剣闘士のグループの敗北で終了しました。敗者の一人が生き残った場合、彼らの運命は聴衆によって決定されました。

興味深い事実:

剣闘士の寿命は高く評価されました。優秀な戦闘機を教育するのに多くの時間、労力、お金がかかり、そのような戦闘機はその所有者に莫大な収入をもたらしました。

剣闘士は奴隷の中でも最低の「カースト」と見なされており、剣闘士になることはローマ市民にとって大きな恥です。しかし、ローマの普通の市民が、時には完全な絶望から、時には彼自身の気まぐれから、剣闘士になることは珍しくありませんでした。

すべての映画で、グラディエーターはボディービルダーのように見えますが、そうではありませんでした。戦いの2〜3か月前には、脂肪の厚い層が内臓を保護していたため、剣闘士には豊富な脂肪の多い食べ物が与えられました。

関連..。 スパルタクスの反乱 スパルタカスの蜂起は古代で最大であり、3番目(1回目と2回目のシチリアの蜂起の後)の奴隷蜂起です。

剣闘士はローマで最高の戦闘機であるという神話があります。戦闘機、はい、しかし兵士ではありません。彼らは軍団のように組織的に戦う方法を知らなかったし、隊形の戦術も知らなかった。これはスパルタクの問題だった。剣闘士は良いボディーガードになることがよくありましたが、兵士はそうではありませんでした。

剣闘士の戦いはもともと葬式の一部でした

多くの古代の年代記者がエトルリア人の文化的植栽として剣闘士の戦いについて書いたという事実にもかかわらず、ほとんどの現代の歴史家はこの現象を葬儀の伝統と関連付けています。当初、剣闘士の戦いは裕福な貴族の埋葬式に伴いました。これは、彼が生前に示した故人の美徳の一種の死後の認識でした。

古代ローマの作家テルトゥリアヌスとフェストゥスによると、ローマ人は人間の血が故人の魂を浄化するのに役立ったと信じていました。つまり、この意味での剣闘士の戦いは人身御供のようなものでした。葬儀の伝統は、亡くなった父と娘に敬意を表して何百人もの剣闘士を巻き込んだ決闘を組織したジュリアスシーザーの治世中にさらに大きな割合を占めました。

剣闘士は必ずしも死ぬまで戦ったわけではありません。

映画やテレビ番組では、剣闘士の戦いは、血の川、切断された手足、死体の山との妥協のない戦いとして描かれることがよくあります。もちろん、これも起こりました。

しかし、多くの戦いは規則に従って戦われました: ライバルは同じ強さで選ばれました そして時々出席さえしました 審判 誰ができた 終了します 参加者の1人が重傷を負った場合は戦います。そして、観客に壮観でエキサイティングな戦いを見せることができた場合、時には両方の戦士がアリーナを生き生きと立派に去りました。さらに、剣闘士は彼らがそのように簡単に処分されることができるように彼らの主人にかなりの費用をかけます。

したがって、コーチはしばしば戦闘機に相手を殺さないように攻撃するように教えましたが、けがをするだけです。いくつかの戦いはスポーツのようでさえあり、そこでは最初は死が想定されていませんでした。それにもかかわらず、剣闘士の寿命はまだ長くありませんでした。それらのほとんどは最長25年まで生き、歴史家によれば、少なくとも1人の剣闘士が約5回の決闘で死亡した。

有名な「親指」のジェスチャーは慈悲を意味するものではありませんでした。

剣闘士が戦闘中に負傷または武装解除された場合、彼の運命は聴衆の手に残りました。たとえば、コロッセオで開催されたトーナメントでは、皇帝は兵士の命を救うという最終決定権を持っていました。しかし、ゲームの主催者、そして時には支配者自身が、群衆に剣闘士の運命を決定させることがよくありました。

同時に、映画やその他の作品では、観客や君主の意見を決定する「親指」のジェスチャーを見るのに慣れています。親指を立てる-生きる、下がる-死です。実際、歴史家が言うように、突き出た親指は(どちらの方向に関係なく)裸の剣を意味し、したがって、 剣闘士の死 ..。それどころか、拳に隠された指は鞘の中の武器を象徴し、戦闘機に慈悲を約束した。

時々群衆は身振りを省き、いつもの叫び声で剣闘士の運命を決定しましたが、「マーシー!」または「彼を殺せ!」

剣闘士には独自の分類がありました。コロッセオ(西暦80年頃)の頃には、剣闘士のトーナメントは通常の血なまぐさい戦闘から、実際のスポーツのような高度な組織による本格的な戦闘に変わりました。戦闘機は、戦闘経験、特定の戦闘スタイルまたは武器の所持に応じて独自の分類を持っていました。最も人気があったのはGoplomakhsとMurmillonsでした。

前者は槍、短剣、盾で武装しており、後者はグラディウス(長さ40-50cmの剣)とローマ軍団の大きな長方形の盾を持っていました。馬に乗ってアリーナに入った馬車や、戦車に乗った戦士であるエッセダリーもいました。

ディマチャーは両手に1本ずつ持ち、同時に2本の剣で戦った。しかし、人気のあるタイプの剣闘士の中で最も珍しいのは、ネットとトライデントだけで武装したレティアリーでした。一方で、この戦闘機は相手をネットで混乱させ、トライデントの助けを借りて遠くに刺すことができましたが、彼がこのアドバンテージを失い、接近戦に終わるとすぐに、レティアリウスは困難に直面しました。

剣闘士の中には女性がいました。歴史家は、女性が剣闘士として最初にアリーナに入ったのはいつかはわかりませんが、紀元1世紀までに。 e。これはローマで一般的になりました。多くの場合、女性の戦士はゲームの観客に真剣に受け止められませんでしたが、たとえばドミティアヌス皇帝は彼らの参加による戦いが好きで、小人との女性の戦いを奨励することがよくありました。女性も動物との戦いに参加しましたが、一般的に、アリーナでの女性の出現は西暦200年の終わりまでに終わりました。 e。

剣闘士は独自の組合を持っていました剣闘士はアリーナでお互いを殺さなければなりませんでしたが、彼らのコミュニティには一種の兄弟愛がありました。そして、選出された議長と一緒に組合または「大学」に組織化する人さえいた。戦闘機が戦闘で死亡した場合、彼の仲間は彼がアリーナでの彼の業績に見合った名誉で埋葬されたことを確認しました。そして、故人に妻と子供がいた場合、同胞団はまた、家族の長を失ったことに対する彼らへの金銭的補償の支払いを管理しました。

ローマ皇帝が剣闘士の戦いに参加することもありました。剣闘士のゲームを組織することは、皇帝が群衆の愛を勝ち取るための簡単な方法と考えられていました。しかし、さらに進んで戦いに参加した人もいました。カリグラ、タイタス​​、ハドリアヌスを含むいくつかのローマの支配者がアリーナで演奏しました。

もちろん、これは皇帝にとって最大限の安全性をもって行われました。たとえば、ライバルの刃は鈍い刃を持つことができます。皇帝コモドゥスは、群衆の血への渇きを癒すために、鎖につながれた槍のクマやヒョウで殺されました。

彼はまた、剣闘士に対するいくつかの決闘に参加しました。

しかし、原則として、非常に経験の浅い戦闘機または群衆の中の弱い武装の男が彼に立ち向かった。当然のことながら、コロッセオの舞台でマクシムスの手によってコモドゥスが殺される有名な映画「グラディエーター」の最後の戦いとは対照的に、彼は常にそのような戦いに勝ちました。しかし、この戦いは、歴史映画によく見られる架空のフィクションにすぎません。

剣闘士はしばしば彼らの時代のセックスシンボルでした。古代の歴史家の中には剣闘士を粗野で卑劣な奴隷と表現したという事実にもかかわらず、彼らの多くは下層階級の間で大きな名声を享受していました。彼らの肖像画は多くの公共の場所の壁で飾られていました。子供たちは剣闘士のふりをして戦争ゲームをしました。そして最も成功した戦闘機は、現代のアスリートの人気に似た評判を持っていました。剣闘士は、その時代の女性にとって一種のセックスシンボルでもありました。

ポンペイのフレスコ画の1つは、ネットで女の子のグループを捕まえる戦闘機を描いています。もう1つは、彼の見解の1つに喜んでいます。古代ローマの多くの女性は剣闘士の血に浸した宝石を身に着けていました、そして何人かはそれが媚薬として働くことができると信じて彼らの汗を彼らの化粧品と混ぜさえしました。

特別なキオスクにある古代ローマの剣闘士アリーナの近くでは、動物性脂肪と剣闘士の汗を買うことができました。女性はこれらの物質を化粧品として使用しています。

ローマの貴族の間では、優れた警備員となる可能性のある個人的な剣闘士がいることが流行しました。たとえば、ジュリアスシーザーは、2,000人の剣闘士のボディーガードを維持していました。

ミュージシャンは戦闘に招待され、戦闘の進展に応じて、戦闘に音楽の伴奏を提供しました。

アリーナで頻繁に起こった流血は非常に大きかったので、血で滑りやすいエリアに新鮮な砂を振りかけるために戦いを止めなければなりませんでした。

半狂乱の皇帝コモドゥスはそのような戦いに参加するのがとても好きでした、そしてもちろん、それは常に彼の勝利で終わりました。彼は剣闘士として735回の戦闘を戦いました!伝説によると、彼はアリーナで刺されて死にました。しかし実際には、彼はアリーナに入る前日に首を絞められました。映画「グラディエーター」はこの物語に捧げられています。

ほとんどすべての剣闘士は奴隷でした。しかし、彼らは広範なトレーニング、高カロリーの食事療法、そしてタイムリーな医療処置を受けました。彼らは、けがをしたり無駄にけがをしたりすることなく、注意深く彼らを治療しようとしました。

剣闘士は戦闘に参加したことでまともな報酬を受け取りました。公演の最大の支払いは、皇帝ネロが剣闘士スピクラに提示した宮殿全体と見なすことができます。

剣闘士は非常に堅実な投資の対象でした。剣闘士が死んだ場合、スポンサーの損失は甚大でした。したがって、戦いが死ぬまで戦われたショーのチケットは非常に高価でした。スポンサーはどういうわけか彼らの費用を正当化しようとしました。

最も高価なのは、navmachiaと呼ばれる剣闘士の海戦でした。最大のものは、皇帝クラウディウスの命令によって組織されました。ローマ近郊のフチーノ湖で50隻の軍艦が進水し、剣闘士の数は2万人でした。観客数は約50万人。

アリーナは、刑を宣告された者を罰したり処刑したりするためによく使用されました。かつて、偽の宝石を販売していた宝石商がアリーナに刑を宣告されました。

彼がライオンが去るはずだった檻に連れて行かれ、不幸な男がすでに死の準備をしていたとき、鶏が檻から出てきました!

ジュエラーは緊張から気を失った。

戦いの観客は、彼らのステータスに応じて厳密に着席しました。下の列、または表彰台(ラテン表彰台)は、皇帝、彼の家族、上院議員、および前庭に独占的に割り当てられました。

無料の剣闘士でさえ公民権がないことを知っている人はほとんどいません。自由人が剣闘士の戦いに少なくとも一度は挑戦した後、彼は軽蔑された。

故人は、彼が死んでいてふりをしていないことを確認するために赤熱した鉄で焼灼された後、体はフックでアリーナから引きずり出されました。

西暦63年、ネロ皇帝は無料の女性が剣闘士のトーナメントに参加することを許可する法令を発行しました。

66年、ネロは、女性を含むエチオピア人が参加したアルメニアの王ティリダテスに敬意を表して、プテオリ市で高額な公演を行いました。

西ローマ帝国での剣闘士の戦いは、キリスト教がローマ帝国で普及した西暦404年に禁止されました。

剣闘士同士の戦いが禁止された後、彼らは動物とだけ戦い、彼らの芸術は今日まで生き残っています 闘牛の形で .

剣闘士の残忍で血なまぐさい世界になると、私たちはほとんどすべてを知っていると思います。二人の男は剣と最小限の鎧で死ぬまで戦う。または野生動物と戦う剣闘士のチーム。脚本が何であれ、男性の剣闘士はショーのスターでした。

しかし、あなたも戦った女性の剣闘士がいたことを知っていましたか?

場合によっては、剣闘士の戦いは 現代のテレビ番組 または映画。主催者は常に、聴衆に何か特別なものを提供し、群衆から目立つようにするための新しい方法を考えてきました。その成果のひとつが女性の紹介でした。彼らはもともと、主流の男性の行動への珍しいアプローチとして、そしてせっかちな群衆に新しいスリルを与えるために提示されました。

彼らの本来の機能の多くは、激しい男性の戦いの前にコミカルな戦闘で雰囲気を和らげることでした。多くの女性戦闘機は、群衆を笑わせたり小動物にしたりするために小人と戦い始めました。

古代では、女性は人生のいくつかの側面で男性と同じ自由を常に持っていたわけではありませんでした。ローマ時代には、これは彼らが戦う方法を学ぶために公式の剣闘士キャンプを訪問することを許可されなかったという事実に要約されました。代わりに、多くの女性のgladiatressesは、代わりに彼らの新しいキャリアの準備のために個人的な教師を雇うために彼ら自身のお金を使ったと信じられています。

女性の剣闘士についての興味深いメモの1つは、ローマ社会によって女性がどのように認識されたかです。男性の剣闘士は、彼らが自由を得るために生き残った場合、英雄として分類されました。彼らは市民の地位を得るだけでなく、結婚したり家族に戻ったりすることができました。

しかし、女性の戦闘機ではありません。

女性の剣闘士はローマ社会への恥辱と見なされ、セックスワーカーと同じグループに効果的に分類されました。それは基本的に、彼らがほとんど裸で戦い、楽しみのために体を売ったという事実に要約されます。彼らが戦いを終えたとき、彼らは社会的な追放者であり、妻としてのローマ人にとってタブーと見なされていました。

上からわかるように、女性の剣闘士になることは実際には非常に 反抗的で勇気ある行為 ..。自由意志で戦うことを選んだ女性は、名声、幸運、有名人のためにそれをしました。

女性の剣闘士の最も有名な記録の1つは、トルコで発見されました。それはローマ帝国の重要な部分であり、戦うための円形闘技場がありました。それらの1つで見つかったプラークは、アマゾンとアキレスという名前の2人の女性戦闘機を示していました。彼らが引き分けに終わったのは激しい戦いに敬意を表して建てられ、両方とも賞金を獲得しました。多くの人は、ネクタイが実際に代替案を打つために上演されたと信じています。アキレスが愛した戦士の女王アマゾンを殺したという歴史的な物語のより幸せな終焉です。

古代の剣闘士の大会はローマ帝国全体で非常に人気があり、現代のサッカーの試合に参加するようなものでした(ただし、多くの殺害がありました)。多くの一般市民は、コロッセオや地元の円形劇場に行って、お気に入りの戦闘機の動きを見るのが大好きでした。

特典を逃さず、すぐに群衆のギフトショップが設立され、彼らが最も気に入った剣闘士と一緒に商品を購入しました。これには、これらのギフトショップで人形のおもちゃや彫像を持っていた女性の戦闘機も含まれていました。

2000年、考古学者はロンドンの古い円形劇場のある場所の近くで若い女性の墓を発見しました。彼らが墓を調べたとき、彼らはそれが貴重な装身具と剣闘士のアイテムでいっぱいであるのを見つけました。彼らはまた、彼女に敬意を表して葬式で食べられたと信じている高価な食べ物の残り物を見つけました。すべてをまとめると、彼らは墓がよく知られていて愛されていたに違いない有名な女性の剣闘士の一人であったと確信しています。

女性が競争する許可を与えられるとすぐに、それはすぐに連れ去られました。

西暦200年セプティミウスセウェルス皇帝はギリシャのオリンピックに出席し、その後、すべての女性が剣闘士として戦うことを禁じました。

しかし、彼にそれをさせたギリシャで何が起こったのでしょうか?多くの人は、彼が女性のオリンピックへの参加を禁止するというギリシャ人の決定に影響を受けたと信じています。

彼らはまた、キャリアを追求することを選んだ女性の影響と、それがローマ社会における結婚の見方にどのように影響したかについて懸念していたと考えられています。

私たちが上で話した女性の多くは、自由意志で戦うことを選んだ自由意志の市民でした。しかし、男性のように、ローマ軍に捕らえられた奴隷もいて、彼らは戦うことを余儀なくされました。ネロ皇帝は、自分たちを守るための小さなポケットナイフしか持たず、アリーナで野生動物を狩らせるのが大好きでした。

剣闘士の戦いの物語は、何千年もの間人々を魅了してきました。剣と盾を持ったこれらの戦士は、彼らの命のために戦うことを余儀なくされました。彼らの画像は、本、絵画、映画、テレビ番組の作成者に絶え間なく影響を与えてきました。しかし、戦闘の人気が高まるにつれ、群衆はより多くの光景を切望しました。

これからは剣と盾がありました 十分ではない .

剣闘士の種類

動物寓話

他の剣闘士とは異なり、動物寓話家は自分たちの種類ではなく、動物との生活のために戦いました。特にこれらの戦いのために、ローマ皇帝と上院議員はアフリカとアジアからエキゾチックで強い動物(例えば、ライオン、トラ、ゾウ、クマ)を連れてきました。彼らは富の象徴としての役割を果たし、コロッセオや円形劇場の観客のために上演した光景にも参加しました。

動物寓話

特定の種類の動物(象など)は、これまで見たことがない視聴者に衝撃を与え、楽しませるために設計されました。他の動物は人々を狩ることになっていて、彼ら自身も獲物として行動しました。

動物寓話には、「damnatio ad bestias」(文字通りラテン語の「伝説から獣へ」、野生動物に引き裂かれることを諦めた)と「venatio」(「ハンター」)の2種類がありました。最初のタイプには、死刑判決を受けた人々が含まれていました。彼らは剣闘士とは見なされず、一般的に古代ローマでは下層階級でした。彼らの死は群衆の娯楽でした。 1匹の野生動物が一度に数百人を殺すことがあります。

「ハンター」は動物を訓練し、狩りました。これは彼らのパフォーマンスの不可欠な部分でした。歴史家や年代記者はそれらを説明することを好まなかったので、私たちは「venatio」についてほとんど知りません。他の剣闘士とは異なり、「ハンター」は古代ローマで軽蔑されていました。最も有名な「venatio」は、歴史によれば、CircusMaximusで素手で20匹以上の動物を殺したKarpophorusでした。 Karpophorusはまた、人間を殺し、狩り、さらにはレイプするように動物を訓練しました。

一部の皇帝はまた、動物を殺す能力を示しましたが、認識の代わりに、群衆の軽蔑だけを受け取りました。ネロはアリーナで動物と戦い、コモドゥスは高くなったプラットホームで安全な状態で負傷した座りがちな動物を「英雄的に」殺しました。後者は上院から極端な不承認を引き出した。

ノクシア

ノクシアスはローマ社会で最も低い階級でした。彼らは人間とさえ見なされていませんでした。これらには、キリスト教徒、ユダヤ人、脱走兵、殺人者、裏切り者が含まれていました。ノクシウスは剣闘士の学校に連れて行かれませんでした、そして彼らが最もひどい方法で死んだアリーナでの彼らの出現は、犯された犯罪に対する一種の罰でした。

ノクシアはいくつかの方法で殺される可能性があります。まず、野生動物によって引き裂かれました。 2番目-彼らは目隠しされて群衆から指示を受けた剣闘士によって拷問されて死にました。第三に、彼らは本物の剣闘士が狩りをする標的として行動しました。 Noxiiは一般的にふんどしを着ており、鎧はありませんでした。単純なグラディウス(短剣)または棒が武器として機能しました。ローマ人はノクシアスを殺すことを楽しんだ。これは、誰もが社会階層における自分の位置を知っているべきであることを思い出させるのに役立ちました。

退職者

スピードと強さのどちらが良いですか? 1000カットまたは1打撃による死?古代ローマの時代には、答えは明白でした:より強い力と鎧があればあるほど良いのです。そのため、レティアリは当初、より低いタイプの剣闘士として扱われていました。彼らは鎧がほとんどなかったので、敏捷性、スピード、狡猾さ、そしてネット、トライデント、そして極端な場合には小さな刃を使って戦わなければなりませんでした。

Ретиарий

Retiariiは、剣と盾を持っていた剣闘士とは別に訓練を受けました。彼らは女々しいと見なされ、しばしば嘲笑されました。風刺作家で詩人のデシムス・ジュニウス・ユウェナリスは、グラディエーターになることで一般的な不名誉を引き起こしただけでなく、退職者として戦うことで社会を不名誉にした小柄な貴族グラックスの物語を語りました。しかし、何世紀にもわたって、retiariiは支持を得て、アリーナのメインの1つになりました。

セクター

セクタータイプの剣闘士は、レティアリーを追いかけて倒さなければなりませんでした。セクターは強力な鎧を持っていました:彼の顔全体を覆い、彼の目に2つの小さな穴があった巨大な盾、剣、そして丸いヘルメット。

Секутор

検察官とレティアリウスの間の典型的な戦いは、後者が安全な距離に後退するか、場合によっては、事前に準備された石の供給が置かれている水面上の隆起したプラットフォームに登ることから始まりました。セクター(lat。Secutor-迫害者)はレティアリウスを追求し、彼のネットワークや石の雹に陥らないように努めました。彼はまた、セクターが近づきすぎないようにするために使用されたレティアリウストライデントを恐れていました。 Sekutorは武装していたが、鎧の重さですぐに疲れた。

皇帝コモドゥスはゲーム中にセクターとして戦った。彼は優れた鎧と武器を持っていたので、彼は勝利を保証しました。別の有名なセクターはフラムと名付けられました。彼はシリア出身で、ガリアの領土の住民に典型的な服を着てアリーナで戦いました。彼は34の戦いに参加し、そのうちの21を獲得しました。驚いたことに、彼は4回自由を与えられましたが、毎回拒否しました。

Equits

エクイテスはローマの騎兵隊に似ていましたが、混同しないでください。ローマの騎兵隊は主に、上院で良い地位を占め、皇帝になることさえできるささいな貴族によって代表されていました。

Эквит

次に、Equitsは公開ショーの有名な主催者でした。コロッセオでのパフォーマンスは通常、これらの剣闘士が示した敏捷性とスピードで群衆を復活させるための平等な戦いから始まりました。彼らは馬に乗って槍で互いに攻撃し、地面に飛び乗って剣で戦った。彼らは軽装甲を身に着けていたため、敏捷性と運動能力が向上しました。

挑発者

私たちが今知っているように、古代ローマでは、さまざまな種類の剣闘士がアリーナで互いに戦うことができました。ただし、挑発者は挑発者とのみ関わりました。

Бой гладиаторов

その理由は、彼らが相手を選ばなかったからです。彼ら自身が彼に戦いを挑んだのです。彼らはライバルの剣闘士学校間の確執を解決するために、または有名なライバルを打ち負かすことによって彼らの地位を高めるために戦った。各挑発者はローマ軍団のように武装していました。彼は長方形の盾、胸当て、ヘルメットを持っていました。

女性の剣闘士

女性の剣闘士は一般的にほとんど鎧を着ておらず、ほとんどの場合、裸の胴体を持っていました。ほとんどの場合、女性がアリーナで戦っていることを誰もが知ることができるように、彼らはヘルメットさえ着用していませんでした。

Женщина-гладиатор

ちなみに、短い剣と盾で武装した女性の剣闘士の間の戦いはまれであり、革新として認識されていました。女性は自分たちの間だけでなく、小人と戦って群衆の間に恨みやショックを引き起こす可能性があります。場合によっては、社会で地位の高い女性が剣闘士の戦いに参加する可能性があります。アリーナでの彼らの登場は、 大音量のスキャンダル .

最終的に、女性の剣闘士の戦いは西暦200年に禁止されました。

ガル/マーミロン

ガリア人は、中央ヨーロッパと西ヨーロッパに住むガリア人の部族の子孫である最初の剣闘士の1人でした。彼らのほとんどは、戦うためにアリーナに入ることを余儀なくされた囚人でした。

Галл - гладиатор

ガリア人は武装していて、典型的な剣闘士のように見えました。彼らは長い剣、盾、兜を持っていましたが、伝統的なガリア人の服を着ていました。ガリア人は他の剣闘士よりも機敏性が低かったので、敵を攻撃するために彼らの力に依存していました。彼らはしばしば敵の部族からの囚人と戦った。

ガリア人が平和を築き、ローマ帝国の一部になった後、彼らはマーミロンと呼ばれる別のタイプの剣闘士に帰せられるようになりました。マーミロンはまだ重い剣と盾を使用していましたが、ローマの兵士に扮して他のマーミロン、敵地域の剣闘士、レティアリーと戦いました。

最も有名なマーミロンの1つはマーカスアティリウスと名付けられました。彼は最初の戦いでネロの私兵であるヒラルスとルシウスフェリックスの剣闘士を打ち負かしました。どちらも、アカウントで12回以上の勝利を収めました。

サムナイト

サムナイトも初期の剣闘士の一人であり、ガリア人と多くの共通点があります。彼らは捕虜でもありましたが、サムニウム地方(イタリア南部)は彼らの故郷と見なされていました。

サムナイト

ローマ人がサムナイトを打ち負かした後、彼らは彼らに嘲笑の儀式の戦闘に参加することを強制しました。そして、それは後に剣闘士の競争に変わりました。サムナイトは伝統的な軍服を着て、剣と長方形の盾で戦いました。彼らの敵は、原則として、ローマとの戦争で部族から捕らえられた兵士でした。

サムニウスがローマ帝国の州の1つになったとき、サムナイトは別のカテゴリーに属することをやめました。彼らは同じ服を着て同じような武器を持っていたゴプロマックやマーミロンに加わった。

トラキア人

最も人気があり、よく知られている剣闘士はスパルタクスです。

彼は東南ヨーロッパに住むトラキアの部族からの捕虜でした。彼は彼の奴隷に反抗し、彼は剣闘士の舞台で戦うことを余儀なくされました。最終的に、スパルタクスは敗北しましたが、彼の伝説は今日まで生き続けています。

Гладиатор - фркакиец

丸い盾、湾曲した刃、グリフィンの紋章が付いた幅の広いヘルメットを持っていたトラキア人は、おそらく初期の剣闘士の中で最も人気がありました。彼らはしばしばガリア人とサムナイトと戦った。

今日、さまざまなスポーツチームを応援しているように、皇帝と上院議員は剣闘士の間でお気に入りを持っていました。特にカリグラはトラキア人を支援し、愛するトラキア人の戦士を打ち負かした剣闘士を殺しました。別の皇帝、ドミティアヌスはトラキア人を軽蔑していたので、ある日、彼は観客の1人を犬に引き裂かれるように投げました。このかわいそうな仲間は何をしましたか?彼は、トラキア人が剣闘士の戦いに勝つ可能性が高いと仮定しました。

覚えておいてください リドリー・スコットの映画「グラディエーター」 プロキシモは彼の戦闘機をローマに連れて行き、コロッセオ自体に隣接する剣闘士学校に収容されていますか?ページの下部で、映画のこの瞬間を見ることができます。それで、この学校は本当に存在し、Ludus Magnus(「ビッグスクール」)と呼ばれていました。それは1世紀の終わりに皇帝ドミティアヌスによって設立されました。広告ハドリアヌス(117-138)の治世中に完成しました。ルーダスマグナスの場所は、セヴェリア時代のローマ(フォルマウルビスロマエ)の大理石の計画が保存されているため、考古学者に知られていましたが、学校自体の発掘は1937年に始まり、1957年から1961年まで長い中断が続きました。発掘調査のおかげで、所属する円形劇場の一部を含む学校の北部が発見され、残りは同じ大理石の計画に従って想像するのが簡単です。

コロッセオとルーダスマグナス
コロッセオとルーダスマグナス

建物はコンクリートでできており、外側はレンガで覆われています。その建設中に、8月の期間の4分の1全体が取り壊され、その痕跡は以下を含みます。廃墟の南部にはモザイクの床跡が見られます。ラビカンスカヤ通りを見下ろす敷地内の一般公開では、学校で訓練を受けた戦闘機が住んでいた小さな部屋のかなり保存状態の良い遺跡を見ることができます。 2階へ続く階段の残骸も発見された。おそらく、建物は3階建てで、最大145の部屋と2人の住民が含まれていました。剣闘士が学校でどのように暮らしていたかわからないので、おそらく彼らの数はさらに多かったでしょう。

Самая большая гладиаторская школа в Риме (Ludus magnus)
Самая большая гладиаторская школа в Риме (Ludus magnus)

学校の中庭は長軸62m、短軸45mの楕円形のアリーナの形をしており、剣闘士が訓練を行ったのはここでした。アリーナの正面玄関は長軸で、短軸にはグラディエーターのトレーニングを見るために招待された名誉観客用のボックスがありました。観客席は9列の座席で十分な大きさでした。最大2500人の観客を収容できます。

左-剣闘士の兵舎-学校のアリーナの右端
左-剣闘士の兵舎-学校のアリーナの右端
剣闘士学校のアリーナの再建
剣闘士学校のアリーナの再建

剣闘士の兵舎と円形劇場に加えて、学校にはゲームに関連するいくつかの補助施設が含まれていました:アリーナで死んだ兵士の死体が降ろされた政治家、負傷した剣闘士が連れて行かれたサマリウム、および武器が保管されていた兵器庫。おそらくさらに北には、コロッセオの天蓋を担当する船員が住んでいたミセナティウムのキャンプ(Сastraミセナティウム)と、ゲームに使用される機械を保管していたサマムコラギウムがありました。

ソース

以前書いた 昨秋ポンペイで発見された重武装の剣闘士の決闘を描いた壮大なフレスコ画と、 セクターのイメージ リビアから。

剣闘士とその装備の詳細をご覧ください。 ここに и ここに

グラディエーター武器

グラディエーター機器

グラディエーターヘルメット

剣闘士の起源

愛好家への質問:剣闘士の戦いはどこで行われましたか?

よろしく、ナタP

ベストアンサー

赤い服を着た女性:

グラディエーター

グラディウス(緯度グラディウス、グラディウスから-剣)-古代ローマ-戦争の囚人、有罪判決を受けた犯罪者と奴隷、円形闘技場のアリーナでの武力闘争のために特別に訓練された。古代ローマの剣闘士は通常、公の場で戦って死にました。ローマの剣闘士の決闘は、最初に最も重要な宗教上の祝日の日に組織され、その後、一般市民の最も人気のある娯楽になりました。剣闘士の戦いの伝統は700年以上続いています。

剣闘士の戦いは、ギリシャ人、エトルリア人、エジプト人のローマ人によって採用され、戦争の神マールスへの犠牲の宗教的性格を帯びました。当初、剣闘士は捕虜であり、死刑を宣告されました。古代ローマの法律により、彼らは剣闘士の戦いに参加することができました。 (受け取ったお金で)勝利した場合、あなたは自分の人生を償還することができます。市民が自由を捨てて、名声とお金を求めて剣闘士に加わった場合がありました。

剣闘士になるためには、誓いを立てて「合法的に死んだ」と宣言しなければなりませんでした。その瞬間から、戦闘機は別の世界に入り、そこでは残酷な名誉の法則が支配しました。最初は沈黙でした。剣闘士は、アリーナで身振りで説明しました。第二法則は、名誉のルールを完全に遵守することです。そのため、たとえば、地面に倒れて完全な敗北に気付いた剣闘士は、保護用のヘルメットを外して、敵の剣の下で喉を置き換えるか、ナイフを自分の喉に突き刺さなければなりませんでした。もちろん、観客は勇敢に戦い、大衆に好かれている剣闘士にいつでも恩赦を与えることができましたが、そのような恩赦は非常にまれでした。

«Мы жертвуем живыми, чтобы накормить мертвых» — так император Каракалла в III веке нашей эры сформулировал идейную основу гладиаторских боев, вместе со звериными травлями ставших самым кровавым и жестоким зрелищем в истории человечества. Согласно римским верованиям, которые они, в свою очередь, заимствовали у этрусков, зверства должны были умиротворить души умерших. В древности это было высшей честью, которую могли воздать знатному предку благодарные наследники.

Впрочем, поначалу этот этрусский обычай достаточно медленно укоренялся в жизни римлян времен ранней Республики, может быть, потому что им приходилось много работать и много воевать, и в качестве развлечений они предпочитали атлетические состязания, конные скачки, а также театральные представления, разыгрывающиеся непосредственно в толпе отдыхающих. Тогда римлян никак нельзя было назвать любителями созерцания предсмертных конвульсий и стонов раненых, так как этого более чем хватало в их повседневной полувоенной жизни.

Но энтузиасты находятся в любом деле, и в 264 году до н. э. на Коровьем рынке Рима во время поминок по Бруту Пере, устроенных его сыновьями Марком и Децимом, состоялся поединок трех пар гладиаторов (от латинского слова «gladius» — меч) . Но лишь спустя еще почти 50 лет это зрелище получило определенный размах: уже 22 пары гладиаторов на протяжении 3 дней услаждали взоры жителей на погребальных играх, устроенных в память о дважды консуле Марке Эмилии Лепиде тремя его сыновьями. И только в 105 году до н. э. благодаря неустанным заботам народных трибунов об увеселении римской черни, уже начавшей формироваться как социальный класс, гладиаторские бои были введены в число официальных публичных зрелищ. Так джинн был выпущен из бутылки.. .

К исходу II века до н. э. бои, длившиеся несколько дней подряд при участии не одной сотни гладиаторов, не удивляли уже никого. Появились и люди, для которых содержание и обучение гладиаторов стало профессией. Они назывались ланистами. Суть их деятельности заключалась в том, что они находили на невольничьих рынках физически крепких рабов, причем желательно военнопленных и даже преступников, выкупали их, обучали всем премудростям, необходимым для выступлений на арене, а затем сдавали в аренду всем желающим устроить гладиаторские бои.

И все же основную массу профессиональных бойцов арены сос

elena m:

Алекс:

Наталья Усачева:

☜♡☞ Михайловна ☜ღ☞:

Законы Древнего Рима позволяли им участие в гладиаторских боях. В случае победы (на полученные деньги) можно было выкупить свою жизнь. Гладиаторские бои проводились в театрах, на аренах и площадях.

Егор Есин:

~Ultimuver~:

Неизвестно:

Гладиаторские бои проводились в Древнем Риме на площадках амфитеатров и Колизее.

Gansales:

Антон Гущин:

Afgan:

Dakota:

В древнем Риме, даже фильм есть такой Гладиатор

Видео-ответ

Это видео поможет разобраться

Ответы знатоков

СТРАНА НЕГОДЯЕВ:

ЕвГений Косперский:

Лентул Батиат — хозяин школы гладиаторов в которой был Спартак.

Alexey Khoroshev:

Гладиаторы (лат. gladiator, от gladius — меч) — в Древнем Риме — военнопленные, осуждённые преступники и рабы, специально обученные для вооруженной борьбы между собой на аренах амфитеатров. Гладиаторы Древнего Рима обычно сражались на публике до смерти. Поединки римских гладиаторов устраивались сначала в дни наиболее значительных религиозных праздников, а затем превратились в наиболее популярное увеселение простых граждан. Традиция боёв гладиаторов сохранялась на протяжении более чем 700 лет. Гладиаторские бои были переняты римлянами у греков, этруссков и египтян и приняли религиозный характер жертвоприношения богу войны Марсу. В начале гладиаторами являлись военнопленные и приговорённые к смертной казни. Законы древнего Рима позволяли им участие в гладиаторских боях. В случае победы (на полученные деньги) можно было выкупить свою жизнь. Были случаи, когда граждане, отказавшись от имеющейся у них свободы, вступали в гладиаторы в погоне за славой и деньгами. Для того чтобы стать гладиаторами, необходимо было принять присягу и объявить себя «юридически мёртвыми». С этого момента бойцы вступали в другой мир, где царили жестокие законы чести. Первым из них — было молчание. Гладиаторы объяснялись на арене жестами. Второй закон — полное соблюдение правил чести. Например, гладиатор, упавший на землю и сознающий своё полное поражение, был обязан снять защитный шлем и подставить горло под меч противника или же вонзить свой нож в собственное горло. Аудитория могла всегда предоставлять милосердие тем гладиаторам, которые отважно сражались и нравились публике, однако такое помилование случалось крайне редко. Впрочем, поначалу этот этрусский обычай медленно укоренялся в жизни римлян времен ранней Республики, потому что им приходилось много работать и много воевать, и в качестве развлечений они предпочитали атлетические состязания, конные скачки, а также театральные представления, разыгрывающиеся непосредственно в толпе отдыхающих. Тогда римлян никак нельзя было назвать любителями созерцания предсмертных конвульсий и стонов раненых, так как этого более чем хватало в их повседневной полувоенной жизни. В 264 году до н. э. на Коровьем рынке Рима во время поминок по Бруту Пере, устроенных его сыновьями Марком и Децимом, состоялся поединок трех пар гладиаторов (от латинского слова «gladius» — меч) . Но лишь спустя еще почти 50 лет это зрелище получило определенный размах: уже 22 пары гладиаторов на протяжении 3 дней услаждали взоры жителей на погребальных играх, устроенных в память о дважды консуле Марке Эмилии Лепиде тремя его сыновьями. И только в 105 году до н. э. благодаря неустанным заботам народных трибунов об увеселении римской черни, уже начавшей формироваться как социальный класс, гладиаторские бои были введены в число официальных публичных зрелищ. К исходу II века до н. э. бои, длившиеся несколько дней подряд при участии не одной сотни гладиаторов, не удивляли уже никого. Появились люди, для которых содержание и обучение гладиаторов стало профессией. Они назывались ланистами. Они находили на невольничьих рынках физически крепких рабов, причем желательно военнопленных и даже преступников, выкупали их, обучали премудростям, необходимым для выступлений на арене, а затем сдавали в аренду желающим устроить гладиаторские бои. Основную массу профессиональных бойцов арены составляли выходцы из гладиаторских школ. Во времена правления Октавиана Августа (около 10 года до н. э. ) в Риме существовало 4 императорские школы: Большая, Утренняя, где готовили бестиариев – гладиаторов, сражавшихся с дикими зверями, школа Галлов и школа Даков. Во время обучения в школе всех гладиаторов сытно кормили и квалифицированно лечили. Гладиаторские бои проходили по-разному. Бывали поединки единичных пар, а иногда несколько десятков, а то и сот пар сражались одновременно. В 8г. Август устроил игры, в которых участвовало 10 000 гладиаторов. Порой на арене разыгрывались целые представления, введенные в практику массовых развлечений Юлием Цезарем.

学校と剣闘士の訓練

Школы гладиаторов

ビッグスクール(Ludus Magnus)のモデル再構築。古代ローマ文明博物館、ローマ(MuseodellaCiviltàRomana、ローマ)、inv。 M.C.R. n。 1788年。

グラディエータースクール( )私的で帝国的でした。最初のものは民間の起業家によって運営されていました。剣闘士学校の所有者は、原則として、上院議員のクラスに属していましたが、統治( ラニスト )は、自由生まれ、解放奴隷、さらには奴隷である可能性があります。 ラニスタ 適切な人を購入または雇用し、適切に訓練した後、ゲームの主催者に売却または貸し出しました。帝国の時代に、帝国の剣闘士学校(ルディ帝国)が登場しました。それらは私的なものと一緒に存在しました。インペリアル 役人-検察官によって支配されました。

グラディエータースクールは、おそらくグラディアトリアルゲームの普及直後に生まれました。しかし、剣闘士の学校の最初の言及は、紀元前2世紀の終わり、つまり紀元前105年にのみ言及しています。プブリウス・ルティリウス・ルーファス領事はフェンシングの教師を使用しました( 医者 )彼の兵士に剣術の芸術を教えるためにガイアウレリウススカブラスの学校から。この学校はおそらくカプアにありました。カプアには氏の学校もありました。レントゥルスバティアトゥス。シーザーはカプアに剣闘士の学校も所有していましたが、「ローマの騎手や武器が得意な上院議員の家で」勉強するために剣闘士を送ることを好みました。手紙の中で、彼はしつこく各剣闘士の訓練に従うように頼み、しばしば彼らの研究を個人的に監督しました。その後、彼はラヴェンナに剣闘士学校も建設しました。彼が設立した学校の剣闘士は、後に帝国全体での訓練で有名になり、「ジュリアン」と呼ばれました。

ローマの剣闘士学校の存在は、シーザーに対する陰謀の主催者が近くの学校の剣闘士のサービスを利用したかった紀元前1世紀の少なくとも半ばにまでさかのぼることができます。西暦1世紀の終わりからローマにはすでに4つの帝国学校がありました。最も重要なのは、フラビアン円形劇場(コロッセオ)の隣にあるグレートスクール(ルーダスマグナス)でした。ここで訓練されたすべてのタイプの剣闘士。この学校とコロッセオを結ぶ地下通路。したがって、剣闘士は人々に気づかれずにアリーナに現れる可能性があります。

他の学校には特定の専門分野がありました:朝の学校(Ludus Matutinus)は準備するために設計されました venators и 動物寓話 (これが名前の由来です。なぜなら、 venatio 朝のプログラムの一部でした);ガリック学校(Ludus Gallicus)で準備 マーミロン ;そして、ダキアの学校(Ludus Dacicus)は、ドミティアヌスとダキア人との戦争の後、アリーナに向かう捕虜を受け入れました。

これらの学校のうちの1つ(Ludus Magnus)の建物だけが今日まで生き残っており、その遺跡はコロッセオの隣に見ることができます。れんが造りの建物はおそらく3階建てでした。中には柱廊玄関と四隅に4つの噴水がある中庭がありました。中庭は小さな円形劇場のように見えました。スタンドの9段に約1200人の観客を収容できました。北側と南側の中央には特別ゲスト用のスタンドがありました。 2つの入り口は、円形劇場の主軸に沿って配置されたアリーナに通じていました。東側の中央部は、皇帝の崇拝の聖域であると信じられている大きな柱状の部屋で占められていました。剣闘士は反対側の個室に住んでいました。おそらく、最大1000人の剣闘士を収容できます。

ローマに加えて、カプアとラヴェンナが知られています イタリアの他の都市:ポンペイ、ノーレ、エステ、プレネステ。イタリア国外には、英国、ガラティア、カッパドキア、リシア、パンフィリア、キリキア、キプロス、ポンテ、パフラゴニア、ガリア、ブルターニュ、スペイン、ドイツ、レジア、エジプトのアレクサンドリアなど、多くの氷河学校がありました。

ポンペイの剣闘士の学校(または兵舎)として知られている構造は、実際には古典的な例ではありません。ボリショイ劇場の隣にあり、四方を柱のある柱廊玄関で囲まれたこの建物は、観客が劇場での公演の合間に歩くことを目的としていました。特別な通路がそれを劇場に接続しました。一般的に、これはイタリアでこのタイプの最も古い建物です。それは紀元前1世紀にまでさかのぼります。西暦62年、地震によって本物のポンペイの剣闘士学校が破壊された後、この建物は剣闘士学校に改築されました。それを劇場につなぐ通路が敷かれ、列柱の後ろの中庭の周りに2階建ての居住区が建てられました。 1階には剣闘士の独房があり、2階にはアパートがありました。 ラニスト ..。彼らはまた、大きなダイニングルームとキッチンを建てることを忘れませんでした。中庭は剣闘士を訓練するために取っておかれました。発掘調査中に、ここでは多数の剣闘士の武器が見つかりました。また、西暦79年のヴェスヴィウスの噴火による都市の悲劇的な死の結果として、18体の大人の死体と1体の赤ちゃんの骨格がバスケットに入っていました。

剣闘士の1つの学校のメンバーは、通常はホストにちなんで名付けられた「ファミリアグラディアトリア」を形成しました。控えめなパフォーマンスは、たった1つの剣闘士学校の代表者によって行われることがよくありました。したがって、戦いは同じ「家族」の仲間の間で起こりました。大規模に開催されたゲームでのみ、いくつかの剣闘士学校が参加しました。

剣闘士の訓練は、精力的な訓練、バランスの取れた食事、マッサージ、そして定期的な健康診断で構成されていました。基本的に、剣闘士は健康で強い体に最も有益であると考えられていた大麦製品を与えられました。このため、剣闘士はしばしば嘲笑的なニックネームと呼ばれていました。 hordearia 、つまり「大麦を食べる」。

グラディエータートレーニングが実施されました 医師団 、そのほとんどは過去に剣闘士でした。通常、そのような各インストラクターは、たとえば1種類の剣闘士のみのトレーニングのスペシャリストでした。 退職者 または 検察官 ..。しかし、2つか3つの分野の専門家もいました。

通常、剣闘士学校の中心にある小さなアリーナで訓練された剣闘士。訓練用の武器は、少なくとも初期段階では鈍く、通常は木でできていました。訓練用の盾(おそらく棒で編まれたもの)と木製の剣は、実際の戦闘標本の2倍の重さでした。トレーニングは、木製のダミーポール( パルス )。同様のアプローチがローマ軍でも使用されました。その後、彼らはある剣闘士と別の剣闘士の間の訓練の戦いに移りました。

トレーニングには、フェンシングの技術的なスキルだけでなく、心理的なトレーニングも習得することが含まれていました。たとえば、カリグラ学校の多くの剣闘士は、反射的に目を閉じずに攻撃している剣を見ることができなかったため、貧しい戦闘機と見なされていました。

から パルサ 剣闘士の4つのランクの名前も、プリムス・ピルス、セカンダス・ピルス、ターティウス・ピルス、クォータス・ピルスに由来します。しかし、名声、したがって剣闘士の市場価値は、主に実際の戦いでの勝利によって決定されました。したがって、各剣闘士について、彼の勝利、敗北の数、そして最も重要なことに、彼が最高の賞を受賞した回数、月桂樹の花輪を記録した詳細な記録のアーカイブがありました。この情報は、ゲームのプログラムと剣闘士の墓石に示されていました。さらに、彼の最初の戦いの後、各剣闘士は彼の名前、所有者、そして戦いと勝利の数を示すタブレット(tessera gladiatoria)を与えられました。

グラディエータースクール

Добавить комментарий